読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なつみ憂のブログ

なつみ憂のブログです(旧・文化ウェブbeta)

70年代の最高にお洒落なファッションを楽しめる映画5本

映画

何もかもがイケてる1970年代。映画から当時のファッションを見てみよう!

衣装や美術も映画の醍醐味。過去の格好良いファッションからインスピレーションを受けてみないか!

それこそ「プラダを着た悪魔」みたいにファッションを目玉にした映画は色々ありますが、こちらでは特に1970年代のおしゃれな一面を切り取っている映画をご紹介します。

大きな戦争が終結、核問題もひと段落、左翼運動も沈静化した1970年代は景気こそ悪かったものの、特にアメリカのカルチャーが深く成熟した時期でした。

映画や音楽も素晴らしい作品が沢山生まれましたが、一般の人々のファッションが今見てもセンス抜群です。昔の人がおしゃれに見えるというのはなんだか不思議ですが、以下にご紹介する映画で70年代ファッションを再確認してみてはいかがでしょうか。

 

70'sファッションを堪能出来る映画5本

アメリカン・ハッスル(2013)

映画自体が素晴らしくて、僕が一番好きな映画監督の一人であるデヴィッド・O・ラッセルの中でも結構ダントツで好きな作品。舞台は1978年のニューヨーク。天才詐欺師や政治家の駆け引きの話で、衣装や美術がとにかく豪華かつリアル。

 

70年代 ファッション 映画 アメリカンハッスル

例えばこちら、主人公の愛人役を演じたエイミー・アダムスが着ているのは、当時特に人気が高かった「ダイアン・フォン・ファステンバーグ」のドレス。

 

f:id:thablue19:20150523082348j:plain

当時の「ニューズウィーク」でも一大フィーチャーされたものでした。ほんの数十秒のシーンなのに、すごい力の入れようです。

 

f:id:thablue19:20150523082845j:plain

詐欺を遂行する為にハゲのお手入れをする場面。「虚栄」が大きなテーマになっている映画で、ここはそれが非常に象徴的に示されていました。ちなみにこの「プラザホテル」は日本がバブル経済に入り込むきっかけとなった「プラザ合意」がなされた場所。色々因縁深いものを感じます。

アメリカン・ハッスル スペシャル・プライス [DVD]

 

 

インヒアレント・ヴァイス(2014)

2015年(日本公開年)、至高の悪ふざけを見せてくれた映画。詳しい見解や感想は別記事に譲るとして、こちらではファッションに注目。「アメリカンハッスル」とうって変わって70年代前半のガチのヒッピースタイルが出てくる。

 

70年代 ファッション 映画 インヒアレントヴァイス

この格好で私立探偵。PTアンダーソンの前作「ザ・マスター」から連続でホアキン・フェニックスが主演している。

 

f:id:thablue19:20150523084423j:plain

作中では色々な変装をしていて、色んな意味でやりたい放題だ。

 

f:id:thablue19:20150523084652j:plain

元カノのサシャを演じたキャサリン・ウォーターストン。独特の不思議な雰囲気を醸し出しながらも、画面内の湿度を低く低く保ってくれていた。

 

f:id:thablue19:20150523084912j:plain

インヒアレント・ヴァイス = 「潜在的な欠陥」。昔の恋人に潜在的な危険や欠陥があるとしたら、それは何だろうか?

 

原作の小説

 

 

ブロウ(2001)

ジョニー・デップ映画の中ではすっかり忘れられている感じがする映画。70年代の伝説的ドラッグディーラーであるジョージ・ユングの半生を描いている。

 

70年代 ファッション 映画 ジョニーデップ

マグショットで中指。象徴的なシーン。今では少し独自の世界観すぎるジョニーだけど、この頃は本当にストレートな意味でかっこ良かった。

 

f:id:thablue19:20150523090332j:plain

上下赤のセットアップを着て取引に臨む

 

f:id:thablue19:20150523090431j:plain

かっこいい〜

 

f:id:thablue19:20150523090457j:plain

フランカ・ポテンテやペネロペ・クルスが演じたユングの恋人役の女性もゴージャスでおしゃれ。

ブロウ [DVD]

 

スーパーフライ(1972)

当時アメリカで権利を拡大しつつあった黒人たちの溜飲を下げさせ、ついでに白人からも金を巻き上げる「ブラックエクスプロイテーション」の代名詞的作品。

 

70年代 ファッション 映画 黒人

今のカニエ・ウエストみたいな「モードでスノッブな黒人」みたいなイメージはここが原点になっている気がする。

 

f:id:thablue19:20150523091530j:plain

良くも悪くも、黒人がカッコいい、と思っている俺は視野が広くてカッコいい。みたいな価値観を多くの人に与えたんだと思う。今の黒人射殺問題も「黒人の権利を訴えておけば取りあえずOK」みたいな感じも似ている気がする。

スーパーフライ 特別版 [DVD]

 

 

狂った野獣(1976)

70'sファッションを見るなら、海外の映画ばかりじゃなくて日本映画も熱い!「狂った野獣」は特に松原千鶴子(本作では星野じゅんとして出演)演じる主人公の彼女(?)がカッコいいです。

 

70年代 ファッション 映画 日本

おおお。なんという表情。全身レザーというきわどいアイテムも、70年代という時代性が抜群に引き立てていますね。

 

f:id:thablue19:20150523092826j:plain

渡瀬恒彦演じる主役の男と同様に、彼女もまた狂った野獣でした。

狂った野獣【DVD】

 

画像参照元:https://www.tumblr.com/

 

関連記事

2015年上半期に観た映画ランキング おすすめベスト15

宇多丸のタマフル映画評論 神回10選

戦争映画のおすすめ 5作品をご紹介します

昭和の日本映画 おすすめの7作品をご紹介!

感動できる深い映画27作品を感想付きでご紹介します

村上春樹が「村上さんのところ」でおすすめしていた本・映画まとめ