読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なつみ憂のブログ

主に本や映画について。高学歴ニート→Webデザイナー

はてなブログがWordPressより優れていると思う、4つのポイント

はてなブログ WordPress

ブログを始める上で、何のプラットフォームやサービスを利用するかで悩む人は多いと思います。世の中にはLivedoorブログ、はてなブログ、FC2、アメブロなど様々な無料ブログサービスがあって、それぞれの特徴がありますよね。手軽にアフィリエイトを始めたいというひとも、こういった簡単なサービスを比較して考えている人がいるかと思います。

ある時ブログを始めたいと思った僕は、仕事でもよく利用して慣れていたWordPressでやることにしました。しかし2ヶ月ほどやってみて、WordPressが自分には合わない事に気づき始め、色々比較し検討した結果はてなブログに鞍替え。それからまだ10日ほどだが、それは正解だったと思っています!

はてなブログビギナーの僕なりに、はてなブログが優れていると思うところをWordPressと比較しつつ紹介してみます!あと、どんな人におすすめかという事も出来る限りまとめていきます!(※ステマっぽくなっても嫌なので、多少の要望や懸念ポイントも記しておきます)

はてなブログとWordpressの比較

(もくじ)

  1. SEOに強い
  2. 編集画面の動作が軽くて使いやすい
  3. はてぶやはてなスターがつくとやる気が出る
  4. ぼっちブロガーに優しい

 

SEOに強い

はてなブログはSEOに強い!という事を既にひしひしと感じています。

参考:開設3ヶ月で月間PV17万!はてなブログがSEO面で最強説は本当だった? - はてブのまとめ

まだ10日なので1000ちょいのアクセスしかないですが、WordPress時代と比べても検索トラフィックの安定感が全然違います。

一般的に「WordPressはSEOに強い」と言われている訳ですが、それは内部リンクの構成が既に完成されているとか、Metaタグが簡単に入れられるプラグインが多くある為にそのように言われるのだと思います。つまりSEOにそれほど詳しくなくても、流れに身を任せれば正しいマークアップでサイトが作れるのがWordPress。

ドメインの信頼度

しかし、それははてなブログでも全然同じ事で、カテゴリーやアーカイブのページもデフォルトで設定されている。当然タグもGoogleガイドライン通りの正しい配置。そして何よりはてなブログのSEOにおける一番の強みは、やっぱり hatenablog.com の抜群の信頼度にあるのではないでしょうか。

WordPressで独自ドメインのブログをやっていたときは、Fetch as Googleしてもインデックスされるまで数時間とか平気でかかることもあった。しかしはてなブログではFetch as Googleでクローラーを呼ぶと5分も経たずに検索結果に表示される。記事を書いてすぐに誰かがブログに来てくれるから、やる気も全然違ってきますね。

ブロガー以外にもおすすめ!

実際はてなブログでアフィリエイトサイトをやってる人もいるし、僕のように普通にブログを書きたいという人以外にもおすすめ。

WordPressもSEOの面では全然良いのですが、新しいドメインでゼロからやるとなれば大変になってしまうという所は否めないと思った。「ある程度SEOを意識して、検索トラフィックを狙いながらブログをやりたいけれど、そこまでゴリゴリにこだわるのもダルい」みたいな人にははてなブログがおすすめだと思います。

 

編集画面の動作が軽くて使いやすい

はてなブログ ダッシュボード

必要最低限の機能がムダ無く揃っていて、しかもサクサク動作するはてなブログの編集画面。ブログや文章を書いていたり、画像を挿入したりする時に動作が遅くなるとやる気がどんどん失せていってしまう僕なんですが、はてなはその点超快適です。

Web制作の技術があると、「WordPressで超かっこ良くてサクサクなサイト作るしか無い!」とか思ってしまうんですが、とはいえ僕がやりたいのは単なるブログだったので、無理してWordPressにする必要がありませんでした。逆に、あまりに自由度が高すぎるために、「あれもこれも」状態に陥ってしまい、サイトの改修に追われて肝心のコンテンツ作成がおろそかになってしまっていたように思います。

適度な制約がありコンテンツ作成に集中出来る

はてなブログを最初につかって驚いたんですが、カラムの左右の位置も変えられないし、ヘッダーのh1を外そうと思っても無理だし、とにかく制限が多い。しかし、そもそもそこまでカスタマイズ出来た所でそれが有益なのかというとそんな事は無い。

はてなブログは、最低限のシンプルな機能(これぞミニマリズム)で、記事作成に集中できるプラットフォームが完成されていると感じます。千葉雅也さんの言う通り、ある程度制限された環境で人はクリエイティブになれると感じました。

参考書:動きすぎてはいけない: ジル・ドゥルーズと生成変化の哲学

レンタルサーバー問題も解消

またWordPressの場合、ダッシュボードページの動作は使用するサーバーによってかなり重くなってしまうようです。いきなり高額・高性能なレンタルサーバーで、しかもひとつのブログの為にWordPressを始める人もなかなかいないと思います。僕も某低価格が魅力のレンタルサーバーでやっていたのですが、なかなかの重さでちょっと嫌になってしまいました。やっぱりツールの性能を気にせず直感的に操作出来る事が、何かものを作る時にはとても重要なのだと痛感。

参考:WordPressのダッシュボード(管理画面)が「重い」「遅い」と感じたときの対策 | Green

例えば、画像のアップロードなんかも操作が分かりやすくてかなり速い。カテゴリー分けも一瞬。カスタムURLも一瞬。meta descriptionも忘れる事なく書ける。YouTubeやTwitterも右側で操作して簡単に埋め込める。これら全てが、WordPressだとかなり大変でしたが、はてなブログならすぐできます。

デザイン設定の画面は若干使いにくい

しいていえば、「デザイン設定」のページで使いにくい所があるかな。ファーストビューでテーマ選択の画面になっちゃうのがちょっとウザいです。あと、最初プロフィール欄をどこから操作出来るのかでかなり迷ってしまいました。いまだにちょっと「あれ?」ってなりますが、この辺りは慣れて行けば問題なさそう。

 

はてぶやはてなスターがつくとやる気が出る

やっぱり、だれかに褒められて悪い気のする人はいません!はてなスターを付けてもらえると、「書いてよかった」という気持ちに慣れるので、継続的にブログを書いて行く上での大きなよりどころになると思います。(思います、というのは全然まだスター少ないからなんですが、でも絶対そう)

WordPressはあくまでCMSで、ブログを楽につくる道具でしかありません。だからWordPressユーザー同士の横のつながりというのは比較的出来にくい。もしかしたらWordPressのフォーラムとかでそういうことになるのかも知れません。でも、はてぶのようにポチッとワンクリックで評価してもらえるようなモノが無いので、ちょっと心細い所があります。

はてなっぽさを意識しつつ

ただ、やっぱりはてなの世界でウケる記事というのもある程度雰囲気が決まっている感じがして、そこにずぶずぶ入り込んでいってしまうと不自由になってしまう気もする。アメブロならアメブロ、2chまとめなら2chまとめ(主にLivedoorブログ)といったように、はてなブログの世界にも独特の空気感があると思いました。

ただ僕はWeb・IT方面やちょっとシニカルで批評性のある記事も書いているので、その点でははてなでも受け入れられる要素があると感じています。自分の書きたいものによっても、利用する無料ブログサービスは変わってきます。ちょっと頭良いぶるブログを書くなら、読んでくれた人がはてぶやはてなスターで評価してくれる可能性が高いですから、はてなブログを使うのがいいですね。

 

ぼっちブロガーに優しい

僕は誰にも言わずにひっそりとブログをやりたかったのですが、当然それでは見てくれる人が限られてしまいます。というか誰も見てくれないこともある。

WordPressのときはこの点が一番辛かったですね。既にTwitterなんかで名前が通っている人ならいざ知らず、無名のブログは検索ぐらいしか入り口が無いし、なかなか読者の定着まで時間がかかる。

「書けば誰かが読んでくるはず!」という期待感

はてなブログであれば、グループに入ったり読者が増えたりすれば導線がぐっと広がるので、この時点で多くの人に見てもらえる可能性が高まります。また、注目記事や人気ブログに選ばれれば、一気に読者を獲得する事ができます。

参考:はてなブログでオススメブログ入りするまで - ログキョウ

こんな風に、人気ブログになるまでのステップが見えるのがとても良いと思います。おすすめブログの選定が曖昧だという事も聞かれますが、そんな事いったらGoogleのアルゴリズムだって僕らからしたら分からないものだし、Naverまとめにしたってなんにしたって曖昧。僕はとにかく面白い記事を作って、皆に読んでもらえるブログを目指したかったので、その上ではてなブログはちょうど良いバランスだと思いました。

また、購読しているブログや同じグループのブログが常に目に入ってくるので、こういった事も大きな刺激になります。自然と目標にしたいようなブログ像が形成されてくるような感じ。いつか僕も、憧れのはてなブックマークに降臨したい!

 

 

※おかげ様で降臨出来ました!

 

※こちらもおすすめ